chapup

【使い方次第】チャップアップの効果を半減するも倍にするも使い方

投稿日:

AGA=男性型脱毛症をはじめ、様々な原因の薄毛対策に高い評価を受けている育毛剤チャップアップ。

でもネットでは効果がなかったという口コミも見られます。

でも効かなかったのは単に「チャップアップを正しく使っていなかった」という可能性のほうが高いです。

チャップアップの効果を実感するには、正しい使い方が必要です。

チャップアップは間違った使い方だと効果が出にくい

わかりやすくするためにすごく極端な例を出します。

風邪をひいたときに、厚着もせずきちんと睡眠も食事もとらず、ポテチしか食べずにゲームやっていた。1日3回2錠ずつの使用量の風邪薬を1回だけ1粒飲んだけどまったく効かなかった。

これ、どう思います?

効かなくて当然だろって思いますよね。

チャップアップも同じです。

ポイントをおさえて正しく使わなければ本来のパフォーマンスは発揮されず、効果は出にくくなります。

効果を実感するための3つのポイント

チャップアップは医薬品ではなく医薬部外品。

医薬品よりはゆるやかだけれど、体に一定の改善をもたらすことが認められている育毛剤です。

医薬品ですらいい加減な使い方では効果が出ないのに、医薬品より穏やかな医薬部外品を適当に使っていて効くはずがありません。

1.使う前に頭皮を整える

2.使う回数・期間

3.使い方・使った後のケア

この3つのポイントをおさえていなければチャップアップの効果を実感するのは難しいでしょう。

以下それぞれのポイントについて解説します。

ポイント1:チャップアップを使う前に頭皮を整える

チャップアップは頭皮に直接ふりかけて使う育毛剤です。

これはチャップアップに限ったことではありませんが、育毛剤を使う前には、育毛剤が浸透やすいように頭皮の状態を整えておく必要があります。

チャップアップ使用前にシャンプー

頭皮が厚い皮脂で覆われていたり、汚れて毛穴がふさがっていたり、そんな状態の頭皮にチャップアップを使ってもちゃんと浸透してくれません。

チャップアップを使う前にはまずシャンプーをしましょう。

このシャンプーは髪を洗うためではなく、頭皮を洗うためのものです。

指先で優しく頭皮全体をマッサージするイメージで洗います。

※チャップアップシャンプーを推奨

育毛という観点で言うと、市販のシャンプーはあまりおすすめできません。

その理由は2つ。

・シリコンオイルが使われている

・合成界面活性剤が使われている

シリコンオイルは頭皮をコーティングして育毛剤が浸透しにくくなります。

合成界面活性剤は洗浄力が強すぎて、必要以上に頭皮の皮脂を落とすので、頭皮環境を悪くしてしまいます。

シャンプーは、ノンシリコンでアミノ酸系・植物系の穏やかな洗浄成分を配合したチャップアップシャンプーがおすすめです。

頭皮の水気はタオルでおさえてとる

シャンプーの後ドライヤーで乾かすのはあまりよくないです。

ドライヤーだと頭皮が乾燥しすぎてしまうし、髪もダメージを受けてしまいます。

シャンプーの後はタオルで水気をとりましょう。

ただし、ごしごしこすると髪が切れたり抜けたりするとともに、頭皮に無駄な負担がかかります。

タオルでこすらず、吸水性のよいタオルで抑えて、8割り程度水分をとります。

2割程度は水気が残っていたほうが、チャップアップが頭皮になじみやすいです。

ポイント2:チャップアップを使う回数・期間を守る

次に、チャップアップを使う1日の回数や、どれだけの期間使っていくかについてです。

チャップアップには使うべき回数、タイミングなどがあります。

ある程度の期間継続して使い続けるのも大切なことです。

チャップアップ使用は1日に朝晩2回

チャップアップは朝と夜2回の使用が推奨されています。

チャップアップの成分は1度ふりかけたら恒久的に効果が持続するわけではなく、時間がたてばうすれます。

朝使ったチャップアップが頭皮に浸透して影響を与え、それが薄れる。そのタイミングで夜寝る前にまた使う。

こうして1日2回朝と夜に使っていれば、効果が薄れている時間を短くすることができます。

最低でも3ヶ月から6ヶ月は使うべき

抜け毛対策や育毛は、特に初期は、まず頭皮の抜け毛の進行と育毛剤による抑制がせめぎ合うことになります。

抜け毛、特にAGA=男性型脱毛症は、頭皮の中に抜け毛を促進するシステムができてしまっています。

その抜け毛促進システムを抑えないことには、健康な髪を育てていくことはできません。

抜け毛の原因を押さえ込み、髪が育ち始める。その最低限の期間だけでも1日2回の育毛剤の使用を続けなければ、育毛効果を実感することはできません。

最低限の期間というのは3ヶ月~6ヶ月。

3ヶ月で効果が感じられるのは早い例で、人によっては6ヶ月続けてやっと効果が出始めるということもあります。

また、効果が実感できたからといってそこでチャップアップの使用をやめてしまったら、また元の状態に戻ってしまうこともありえます。

ですから、最低限は3ヶ月でも、推奨されるのは、しっかり育毛できるまで1年以上使い続けることです。

夜は就寝の直前に使うとより効果的

夜にチャップアップを使うときは、寝る直前がいいです。

それは成長ホルモンの分泌と関係します。

髪の毛の成長には成長ホルモンが欠かせません。

数年前、成長ホルモンは夜の10時から深夜の2時ぐらいまでの間の「ゴールデンタイム」に多く分泌されるなどという情報が流れました。

しかしそれはまったくの誤りで、成長ホルモンは時間に関係なく入眠から3時間ぐらいの間に最も多く分泌されることがわかっています。

つまり髪も入眠から3時間ぐらいの間によく育つということです。

寝る直前のタイミングでチャップアップを使って抜け毛システムを抑えるようにすれば、成長ホルモンが出ているときにより育毛効果が高まります。

ポイント3:チャップアップの使い方・使用後のケア

最後に使い方のコツのようなものです。

これは絶対守るべきことというよりは、こういう使い方のほうがより効果的というものです。

薄毛の局地だけでなく広範囲に使う

チャップアップが公式で推奨しているのは、1日に4mlの使用です。つまり1回につき2mlずつ。

これが、頭皮に対して影響する成分を届けられる分量です。

2mlの目安は15プッシュ。これを、薄毛になっている局部を中心にして、その周囲に対しても広く使うようにします。

よく育毛剤が垂れてきてしまうという人がいますが、これは局部に集中して使いすぎです。

その周囲にもチャップアップを広げるように使うことで、薄毛の進行が広がらないための予防にもなります。

チャップアップは1本120mlです。これは、1日4mlの使用で1ヶ月間分。

それが1ヶ月使って余っているようなら、使う分量が少なすぎます。

使ってから全体的に頭皮マッサージ

チャップアップはただ頭皮にふりかけるだけではなく、その周囲に塗り拡げるようにしながら頭皮マッサージを加えるといいでしょう。

よく、頭頂部にある百会というツボを押すといいと書いていたりしますが、自分の頭頂部にあるツボを自分で正確におさえるのは難しいです。

百会は頭部の中心線と、両耳の穴を垂直に伸ばして結んだ交点にあります。

でもそれは正確ではなく大雑把な目安でかまいません。

だいたい百会あたりに両手の中指がくるようにして、指で頭の左右をつかむようにし、そこから前後左右を両手の指先で全体的に押していきます。

こうすることでチャップアップが浸透しやすくなり、頭皮の血流も改善して育毛システムが正常に戻りやすくなります。

頭皮マッサージはシャンプーのときにも加えてあげるとより効果的です。

チャップアップを正しく使って育毛効果を実感しよう

これまで解説してきたことをまとめます。

1.使う前にシャンプー

2.タオルで8割ほど水気をとる

3.朝と夜の2回必ず使う

4.最低3ヶ月は継続使用

5.夜は寝る直前に使う

6.1回15プッシュ分を頭皮に広く使う

7.頭皮全体のマッサージ

この7つは一つ一つはそんなに難しいことはではありません。

毎日行っていけば、習慣化して意識しなくてもできるようになります。

そうして使っていけば、少しずつチャップアップの効果を実感できるはずです。

実際チャップアップの効果を実感できなかったからやめたという人も、使い方を見直して再開してみてはどうでしょうか?

-chapup

Copyright© ハゲケシ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.