chapup

【悲報】チャップアップの全額返金保証は全額返してもらえない!

更新日:

だいたい否定から入ることが多いネットで高い評価の口コミが多いのが育毛剤チャップアップです。

チャップアップの評価が高いのは、その効果の高さに加え、永久返金保証がつくからでもあります。

でも返金保証を受けるときは注意が必要。全額返金といいつつも、返ってくるのは“全額”ではありませんでした!

チャップアップには返金保証制度がある

育毛剤チャップアップは通販限定の商品です。通販限定のために商品が手元に届いて使ってみるまで自分の肌に合うかどうかわからないというリスクがあります。

そのリスクを軽減するために用意されているのが返金保証制度です。

もし実際チャップアップを使ってみて、かぶれたりアレルギー反応が出てしまったとしても、初回購入の1本目であれば返品のうえ商品代金を全額返してもらえます。

実際には“全額”ではない全額返金保証

お金が返ってくるなら一本だけ買ってお金を返してもらえばいいや、という場合でも注意が必要。

実は、チャップアップの全額返金保証は、実質的には全額ではないんです。

返金時には各種手数料が引かれる

全額返金保証なのに全額返金されないなんて詐欺じゃないか!なんて憤ってしまうかもしれません。でも、それにはちゃんと理由があります。

まず、返金保証がつくのは「商品代金」だけです。そして、商品代金自体は全額返金になります。

ただ、そこからいくつかの代金が引かれます。

差し引かれるもの

  • 事務手数料1,000円
  • 返金振込手数料
  • 購入時の送料660円(定期便の場合)

事務手数料として1,000円と振込手数料は必ず引かれます。単品購入だと購入時に送料660円をとられるので、そこからさらに引かれることはありません。

定期便だと発送時に業者側が肩代わりしてくれていた送料660円分は、返金を受けるときには支払わねばならなくなります(返金を受けない解約だけならとられません)。

注意ポイント

つまり、単品購入だと1,000円+送金元金融機関の振込手数料。

定期便だとさらにそこに660円がかかり、商品代金から総額2,000円ほど引かれた分が返ってくるということになります。

解約のタイミングでキャンセル料

定期便を解約する場合、次の便の到着10日前までに解約しないとさらに代金がかかります。

定期便は初回の発送から20日経過すると次の便の発送準備に入ります。発送準備が始まってから解約すると、発送取り消しのための事務手数料が500円。

それにキャンセル料として商品代金の10%もとられます。

例えばチャップアップ単体の定期便だった場合は、商品代金7,400円の10%=740円がキャンセル料となりますから、500円を足して1,240円余計にかかります。

その場合、返金されるのはおおむね商品金額の半額程度となってしまいます。

チャップアップの返金保証を受ける手順

チャップアップの返金保証を受けるためには、決められた手順を踏む必要があります。この手順を守らないと返金してもらえません。

また、返金保証を受けるためには条件もあります。

返金保証が適用されるための条件

チャップアップは無制限に返金保証を受けられるわけではなく条件が設定されています。

初回購入であること

返金保証の条件

  • 返金は最初の1本目の分のみ
  • 公式サイトからの購入であること
  • 返金保証を受けると以後チャップアップは購入できない

例えば以前単品購入をしたことがあったり、定期便を利用したことがあった人が間を置いて再購入したという場合は返金してもらえません。

また、複数まとめ買いした場合は1本分のみ、定期便だと1回め分のみが返金の対象となります。

当然のことながら、Amazonや楽天市場などに出品されている転売品では返金してもらえません。

そして、一度返金保証制度を利用するともうその後二度とチャップアップは購入できません。

正しい手順でないと返金されない

step
1
フリーダイヤルに電話して返金申し込み


step
2
購入時の明細書か納品書、商品の容器、返金保証書を電話から3日以内に販売元ソーシャルテックへ送付


step
3
ソーシャルテックから送られた返金手続き用紙に振込先などを記入して返送

まず、電話をせずにいきなり2の手順で送っても受け取ってもらえません。送料を着払いにしても受け取ってもらえないので、ちゃんと自分で払いましょう。

2の発送は電話をしてから3日以内でないとこれもまた受け取ってもらえません。

ソーシャルテックへ送る商品の容器は空でもかまいません。

この返金手続きの申し込みは、定期便なら期限なしの永久保証なのでいつでもかまいません。

しかし、単品購入の場合は商品発送から30日以内という期限があります。

すんなり返金が認められる理由は

定期便の解約や返金の申し込みは電話でのみ受け付けられます。電話をすると、その理由について聞かれます。

そのとき、効果を感じられなかったからという理由にすると、もうちょっと長く使わなければ効果は出てこないと慰留されます。

ココがポイント

理由としてすんなり受け入れられるのが、金銭的に続けるのが厳しいというもの、そして肌に合わなかったからというものです。

そもそも返金保証があるのは、かぶれなどが出て肌に合わなかった人のためです。ですから、肌に合わなかったという理由であれば、それ以上しつこく引き止められることはありません。

購入から返金手続きまでの時間的猶予は?

チャップアップをお試しで購入して返金してもらうという条件で考えると、手続きまでの余裕はあまりありません。

ただ、単品購入か定期便かでその時間的猶予は変わってきます。

定期便の到着から解約までの期間

定期便の場合、返金保証は最初の1本めのみです。

2回めの発送準備に入ってから解約すると、キャンセル料などがかかります。

2回目のキャンセル料をとられず、差し引かれる金額を最低限に抑えたい場合、時間的猶予はあまりありません。

商品は購入手続き後3営業日以内に発送されます。次の便の発送準備は、最初の便の発送から20日後。

自宅にチャップアップが到着するのが購入から3日後と考えると、解約手続きは商品を受け取ってから17日以内にしないといけなくなります。

全部使い切ってからあらためて返金の手続きをすればいいでしょう。

単品購入して返金を申し込むまで


チャップアップの単品購入の場合、返金保証の手続きは商品発送から30日以内という期限があります。

ただし、単品購入だと次の便の発送準備前までに解約しなければならないわけではないので、発送から到着に3日かかったと想定すると差し引き27日間は猶予があります。

27日目に返金申し込みの電話を入れて、容器を返送するのがその3日以内ですから、29日間ぐらいはチャップアップを使う期間があります。

チャップアップ1本は30日分なのでだいたい使い切るぐらいになるでしょう。といっても、肌との相性を見るだけならじゅうぶんな期間だと言えます

育毛剤に返金保証がつくほうがめずらしい

全額返金保証といいながら、実質は全額は返ってこない。

手続きまでスケジュールがタイトだったりめんどくさい。

これらのことでがっかりした人もいるでしょう。

でも、返金というのは企業にとってリスクがあることで、手数料をとられたり条件があったりするのは当然のことです。そもそも、商品の使用後も返金が認められる育毛剤のほうがめずらしいのです。

例えばドラッグストアで市販されているリアップなどは、開封後の返品はできないし、もちろん返金もしてもらえません。

これは、ドラッグストアで買った薬を飲んで効果がなくても返金してもらえないというのと同じで当然のことです。

いくらか引かれるとはいっても、代金を返してくれるというだけで、チャップアップは消費者ライクの育毛剤だと言えます。

-chapup

Copyright© ハゲケシ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.